お庭でアウトドア ~スウェーデントーチ × ダ ッチオーブン~

こんにちは!

巷では新型コロナウイルスが猛威を振るいキャンプ場も閉鎖となってしまいました。

ゴールデンウィークに楽しみにしていたキャンプができない・・と意気消沈していたところに、京丹後市にある丹後木工所さんが『スウェーデントーチ』をプレゼントしてくれました☆

スウェーデントーチとは

スウェーデントーチをシンプルに説明すると、丸太に切れ目が入った木 です。

これが『スウェーデントーチ』!!

この切れ目から着火させると、切れ目から空気が流れ込みよく燃えるそうです。

使い方はシンプルで、これを地面や焚火台に置いて豪快に燃やして焚火や調理をするのです!

本当にこのな太い丸太が燃えるのか半信半疑でしたが、実際にやってみました!

いざ、着火!!

本格着火には少し苦戦しましたが、割りばしや薪を入れて燃やします。

(この日は燃やすものが手元に少なかったので、ガスバーナーも使いました)

少しずつですが、丸太の中央部分が燃え始めました。

スウェーデントーチの上でお料理

丸太に本格着火した後にダッチオーブンをドカッと載せます。スウェーデントーチにダッチオーブンを”ドン”と載せて調理します!

スウェーデントーチにダッチオーブンをドン!!

スウェーデントーチは今や大きな炎をあげて燃えたぎっています。

このダッチオーブンでカレーを作ることにチャレンジしました!!

ダッチオーブンの中身はこんな感じ

強火でぐつぐつとダッチオーブンで煮込むので、具材を入れて20~30分くらいでカレーは完成!!

そして、屋外で食べるカレーは

美味い!

美味い!!

美味い!!!

外で食べる美味いカレー

調理の後は焚火タイム

崩れていくスウェーデントーチ

着火から1時間ほど経つと、少しずつトーチが崩れていきます。

言い忘れていましたが、火を扱うので防火バケツなど消化の準備は怠らないように注意しましょう!!

崩れていくトーチを見つめながら、カレーとビールを嗜むという贅沢な時間・・。

さらには西の空に沈んでいく夕陽・・・。

沈んでいく夕陽

これぞ田舎暮らしの醍醐味だな~と実感!!

緊急事態宣言下でどこにも外出できなくても、家族でこんな贅沢なアウトドアタイムを楽しめるのは本当にありがたいことです。世の中が大変な状況であることが信じられないほどに平和な光景。。。

崩れていくトーチ

少しずつ熾火になり、崩れていくトーチを焚火台の上で動かしながら、焚火にしていきます。

夕方5時に着火したトーチは10時前まで燃え続けました。

夜の焚火タイムへ

水を張ったばかりの田んぼからは蛙の合唱が聞こえてきます。

写真を撮り忘れましたが、空を見上げると満点の星々・・。

丸太1本でこんなに楽しめるなんて、スウェーデントーチの魅力は凄いです!!

拙い文章でこの魅力が十分伝えることができたか分かりませんが、ゼヒ機会があればスウェーデントーチ体験をお試しくださいませ!!

Have a nice day!!!