【第1回】僕が好きな芸人はこの人!U設計室大垣さん(前編)

色んな人にサブカル話を聞く企画

丹後には魅力的な人がたくさんいます。好きなことを通じて若々しく生きてる、年齢不詳の集まり、みたいな。かくいう筆者(けんご)も人に魅せられて移住を決断した一人です。

そんな魅力的な人々の本業とは別の顔を探ちゃうのがこの企画。”たんポケでサブカル語らせろ!”その人が好きなサブカル(趣味全般)を語ってもらうことで、普段見せないキャラを垣間みたり、みなかったり。

記念すべき第1回は網野でU設計室を構える大垣優太さんです。普段は建築士としてバリバリお仕事をしている一方で、実はお笑い好きの一面も。筆者とはよくお笑い談義をする仲で、今回はそんな一面にフォーカスをして、お話を聞いきました!大垣さん、めっちゃお笑い好きやん、、といった一面をどうぞ。

お笑いが好きになったきっかけ

けんご : ゆっくり話するの久しぶりですね。去年M-1の話して以来ですか?

大垣 : そうですね、あの時もめっちゃM-1の話アツくしてましたよね。

けんご : そうそう、たんくら で話してて、周りの人置いてけぼりにするくらい二人で話し込んでしまって。笑 今日はいろいろ聞きたいことがあるのですが、大垣さんのお笑いが好きになったきっかけってあるんですか?

大垣 : 小学生のとき家のお茶の間で、「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」が、流れていて、それをよく見ていました。小学校でも仲の良かった友達とひょうきんな事をしてみんなを笑わせるような、そんな子どもだったんです。今とは全然キャラ違いますけど。

けんご : (ひょうきんな大垣さん!?島津のお笑いを牛耳っていたのか。。)

大垣 : そんな頃に笑う犬の生活が始まって、バラエティ番組が面白いなぁって。高校生くらいになるとM-1にもハマりだして、特に笑い飯の奈良県立歴史民族博物館のネタとかめちゃくちゃ面白くて。そこからお笑い面白いなぁってなりましたね。

けんご : 昭和~平成をまたいでバラエティみてたって感じですか。なるほど。

大垣 : バラエティ番組も見てましたけど、僕はラジオが好きで、昔から「松本人志の放送室」とか聴いてましたし、「ジャンク(TBSラジオ)」は今でも聴いてますね。きっかけというか、そんな感じでお笑いには触れ続けてきましたね。

けんご : あ、ラジオにシフトしていったんですね。(ラジオ聴きながらふふって笑う大垣さんが目に浮かぶなぁ)

この日はU設計室さんにてインタビュー

好きなお笑い芸人をあげよう!

けんご : じゃあ事前にお伝えしてた好きな芸人さん3組を発表していきましょう!っていうか大垣さん、めっちゃ準備してますね!笑

(大垣さんの手元には事前に送った質問をまとめたA4資料が5枚も。。。)

大垣 : そうですよ!めっちゃ準備しましたよ!じゃないと喋れないんで!笑

けんご : (大垣さんの真面目な性格出てるなぁ)とりあえず、好きな芸人さんをこのボードに書いて発表お願いします。

大垣 : なんでボードに書くんですか!これ写真撮られるの嫌だなぁ!

けんご : まぁまぁまぁ、、、僕も書いたので。二人同時に発表しましょうか?せーの、、、

1組目は千鳥、大垣さんが嫌がっていた図

けんご : おぉー!千鳥!!王道ですね。

大垣 : まず前提として、ロケが面白い3組を今回は選んでみました。ネタももちろん面白いですが、ネタ以外の部分も含めて考えたら、とりあえず千鳥かな。二人のロケは面白い。その場にある物や人をうまく巻き込んだり、イジったりして、こんなに面白くできるのかって。しかも芸人同士の掛け合いだけでなく、アーティストや奇人の方と絡ませても面白い。本当に優秀な芸人さんだと思っています。

けんご : 千鳥いいですよね~僕も好きで大垣さんからオススメしてもらってから、相席食堂めっちゃ見てます。笑

大垣 : 相席食堂面白いですよね~あとテレビ千鳥なんかも、色んな企画やってて面白い。ちなみにけんごさんは1組目どのコンビですか?

けんご : 僕は、中川家!今回は色んなタイプの芸人さんをチョイスしたのですが、中川家は漫才をとにかく楽しそうにやっている二人だったので選びました。笑 それでいうと千鳥もそのタイプなのですが、漫才師が漫才を楽しんでると、こんなに面白さが伝わってくるんだなと、教えてくれたのが中川家でした。

大垣 : なるほどね~

けんご : じゃあ続いて2組目いきましょうか、せーの、、、

大垣さん2組目は野性爆弾の川島(くっきー)!筆者はミルクボーイ

けんご : 野性爆弾川島かー!わかります!めっちゃ分かります!!

大垣 : 野性爆弾のロケが大好きなんですよね。元からクリエイター思考なので、ロケが独特で。ケーキ教室に行くロケがあったんですが、そこで川島が作ったケーキが物凄くて、、(ここでは書けません。笑)。先生に教えてもらってる間もボケまくりで、先生ほぼ怒ってましたね。ホントにむちゃくちゃする人なので、色んな人からも怒られてたみたいです。

けんご : そうですよね、今は地上波で放送できないような事たくさんやってましたもんね。

大垣 : そんな川島なんですけど、芸人仲間からめちゃくちゃ愛されてて、それが伝わってくるのが好きなんですよ。ロケ映像みながら爆笑してるのってお客さんじゃなくて芸人仲間ばっかりで。笑 みんな川島のこと大好きなんですよね。

けんご : 確かに僕がみたロケ番組でも、一緒に見てた芸人が一番笑ってましたね。ちなみに僕は2組目にミルクボーイを選びました。これはM-1チャンピオン枠としての選出で、やっぱり面白かったですね~M-1史上最高得点だけあって、ネタの構成が完璧でした。分かりやすいフリ、あるある、ディスり、バランス良くて。

大垣 : 今の時代にちょうど良い漫才でしたよね。適度に毒づくこともあって、世間が笑えるギリギリを攻めたって感じで。

けんご : そうそう、最後にしっかり裏切りもあって、本当に面白かったです。

<後編につづく>

たんポケでサブカル語らせろ 特集記事一覧